専門のエージェンシー会社に依頼することで卵子提供が受けられる

妊婦さん

海外での卵子提供は既に特別なことではありません

子供が欲しいのになかなか恵まれないという場合、現在では多くの方が不妊治療を受けられるようになりました。
不妊治療は何故子供が出来ないのかの原因を突き止め、適切な対処をすることで妊娠ができるよう手助けするというものです。
産婦人科や不妊治療専門のクリニックで服薬や注射を続けたり、外科的な手術などにより妊娠が出来る場合もあります。
また、精子と卵子が受精するのを手助けする人工受精や受精卵を子宮に戻す体外受精という方法が取られる場合も最近では増えています。
卵子提供はそのような不妊治療のひとつの方法です。基本的な方法は体外受精と同じで、精子と卵子を採取して受精卵を作るというものです。しかし、その卵子が第三者から提供をうけたものであるという点が一般的な体外受精と異なる点です。卵子提供のメリットは、妻が卵子や卵巣に問題を抱えている場合、妻側に遺伝的な問題がある場合でも妊娠が可能であるという点があります。例えば、婦人科系の疾患で自分の卵子が体内に存在しない場合でも卵子提供を受ければ自分の子宮で子供を育てることが出来るということです。
この卵子提供、日本国内ではまだ実施例も少なく申請などにも資格などで大きな壁がある場合があります。それを考えて、多くの夫婦は海外での卵子提供を選択しています。海外での卵子提供については民間の専門エージェンシーに相談することで可能になります。

卵子提供に興味をもったらやってほしいこと

卵子提供に興味をもったら、まずはセミナーやイベントに参加してみてはいかがですか?セミナーやイベントでは、生殖医療に携わるドクターやその関係者から卵子提供プログラムの詳細やその成功例について詳しい話が聞けます。卵子提供に関するセミナーやイベントは多数ありますが、大抵参加者に厳しい制限はなく、卵子提供を受けるか決めていない人でも気軽に参加することが可能です。卵子提供に関する知識や見解を深める良い機会だと思い、活用されることをお勧めします。
また、セミナーやイベントで更に検討してみたいと思ったら、卵子提供エージェンシーに連絡してみましょう。相談だけなら無料で受け入れてくれることが多いので安心です。大切なのは、複数のエージェンシーにアクセスしてみること。対応や卵子提供プログラムの内容、重視している点等エージェンシーによって違いがありますので、比較するつもりで話してみると良いです。
勿論説明を受けるだけでなく、自分が気になっていること、疑問に思っていることをエージェンシーに相談するのもOK。セミナーやイベントに参加するだけでは知り得ないような、専門的かつ実際的な話を聞くことが出来る分、卵子提供を受けるか否か決めるために役立つはずです。

卵子提供で広がる妊娠や出産の可能性

長く続けた不妊治療、思うような結果が出ずにそろそろ諦めようかと思われている方はいませんか。そんなご夫婦に試していただきたい方法こそが精子提供や卵子提供です。不妊治療を続ける中できっと幾度かは精子提供や卵子提供という言葉をお聞きになったこともあると思います。しかし、かかる費用の問題や日本国内での実施が難しいという問題から無意識で諦めてはいませんでしたか。確かに、日本国内で精子や卵子の提供を受けるためには厳しい審査やドナーの選定が必要です。しかし、海外での提供を視野に入れることで、そのハードルはグッと低くなります。
具体的に、海外での生殖医療専門のエージェンシーに相談すれば、その後の一連の手続き、ドナーの選定などもエージェンシーに任せることが可能です。すべてが整ってから、海外の病院で検査や体外受精を受ければ日本での出産も可能な場合も多くあります。妊娠するのは妻本人ですので、周囲への説明や戸籍上の問題も最小限ですむはずです。
精子提供や卵子提供では遺伝子的には夫や妻と血の繋がりのない子供を妊娠出産することになるわけですが、妊娠期間から一緒に過ごすことで十分愛情を持つことが出来るはずです。そういった精神面でのケアも専門のエージェンシーならそこから紹介を受けたカウンセラーや専門家、提供の経験者などに相談することが出来ますので安心ですよ。


妊娠や出産の可能性が広がります!卵子提供をするなら「メディブリッジ」に相談してみてはどうでしょうか?無理のない価格で治療が行えます。

ARTICLE LIST